忍者ブログ
《おばちゃんもチェロに挑戦》に引き続きチェロと共に生きる
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回は練習もかなり気合を入れていたつもり。
直前過ぎたけど録音もしてチェックしたし。

「エクレスのソナタ ト短調 」
1楽章 Largo
●指板を見ないで弾くように!
 「今、試しに見ないで弾いてください」とのことで弾いてみた結果は
 音程が悪くなったわけでないし,見ないほうが音程いいところもあるし
 微妙な箇所は見ても見ないでも微妙だしとのこと。
 見ると姿勢が悪くなる。
 
駒寄りを意識したい箇所も
 見ないで聴いた感じで駒寄りにできるように
!!
 目が自由になる。

 曲の途中がら弾くように指示されても,
  はじめの音を出してみようとしている私。
 チェロを構えていきなりでも出したい音を出せるような練習も必要と。
 弾いていて途中で音程を直したりしないでも済むように!
 手,腕の感覚で見ないで弾けるようにゆっくりな楽章で練習を心がけるよう!
 アンサンブルと口癖のように言っている私だし目が自由になるって必要だわ。
●曲の山場で音の緊張感維持するのは出来てきているって
                            (初めてのお褒め)

先生とのアンサンブルはとろけそうに心地よい。
自然に曲想もしっかりと付けられるし幸せな瞬間。

2楽章    Allegro
弦長を短くしたのにも慣れてきたようで自分では完成に近いと思ってけど。
早い箇所はやはりダメだ!
●フォルテの時のスタッカート
 
意識強過ぎ,圧力掛け過ぎ。 駒寄りで弓をもう少し多く!
 この方が余韻が残る。
●ピアノの時
 弓の量は同じで重さを軽くする。 もっともっとピアノに!
 
旋律のピアノだから良く通るピアノを。
●和音で終わる箇所
 指を離さないで置くと余韻が残る。 
 休符でも小説の終わりまで曲は続いていると思って押さえておくよう。

3楽章    Adagio
表現の仕方が分からないところが有った楽章。
●テンポはもう少しゆっくりでも良いとのこと。 50にしよう。
●8部音符の弾き方,フレーズの繋げ様を質問した。
 ♪を丁寧に弾く。 
 皆繋がっている感じで,テンポの中で後ろに来るように弾くと感じが出る。
 お手本を弾いていただいて余りの美しさにすご~く納得できた。
ピアノだけど,つま先立ちしているピアノの感じで! (この表現も解り良い)

4楽章   Vivace
速い楽章だからスタッカートだと特別意識しないで!
ベターと弾かなければ普通に弾くだけでスタッカートに聞こえる。
なるほど先生のお手本は充分のスタッカートだし響きも有ってグー!
テンポはこのままで良いとのことなので 80で。

時間をかなりオーバーして先生の美しいチェロのお手本も聞かせていただいて
又がんばれそうな気持ちになった。
レッスンは本当にありがたいです。
次回12月5日には少しでも褒めていただけるようにガンバガンバ!!
PR
楽器のチェックをしていただく。
「これ以上低く出来ないでしょう!」 やはり・・
最初に貸していただいた状態は異常に低過ぎとのことらしい。
だけど指を乗せただけで弾けたし最高に弾きやすかった。
う~~~ん・・・・・


練習不足の言い訳をしてからレッスン。(最近こればかり)
「エクレスのソナタ ト短調 」
1楽章 Largo
●A弦 弓先に行くと手首が下って圧が逃げてしまっている。
 腕が短いから先まで使うと弓が曲がったり手首が折れたりして良くないので
 先10センチは使わないで! と言われているがつい忘れる!
 フォルテをしっかり維持する!
 弓先まで圧をかける練習方,脱力しての弓の持ち方等
   基本的なことを弾きながら教わる。

早いし,弾きたくなく一番練習していなかった楽章 
2楽章    Allegro
●力が入り過ぎ!
 スタッカートでも8分音符は圧をもっと少なくして弓を多く。
 力で押すのでなく重さをかける。
 圧の抜き方,抜いたスタッカートを先生と一緒に弾きながら教わる。
●和音をきちんと
 和音に向かって緊張感をたかめてテンポで和音をパシッ!


この楽章は自分では他の楽章より弾けていると思って練習手を抜いていた 
3楽章    Adagio
●ピアノの雰囲気を壊さないで音量を上げて弾く!
 主張を余りしないメゾフォルテで!
 同じフレーズの中で音質を変えないで!

先生が下のパートを弾いて下さるが
私が余りにも弾けないので途中でアンサンブル消えちゃう・・・



今回は練習が出来ていないので基本的な練習に戻って沢山の大切なことを教わった。
日々こういう練習を丁寧に取り入れようと強く思ったレッスンでした。
チェロ友から借りているチェロを更に変える。

駒を新しくした結果,駒の高さが以前より高くなって・・・
音は依然とは大違いなれどそれなりに良さも感じて気に入ってはいるのだが・・
余りにも引き難い! 弾けない!
以前と比べて
速い曲が弾けない!
親指ポジションが弾けない!
1ポジが押さえられない!

更に駒の高さをもう少し低くしてもらった
けど・・
やっぱり駒の高さが最大の原因なのか?
やはり弦の長さを変えないと無理なのか?
1ポジで普通に指を乗せて1と4がきちんと届かないのはやっぱり宜しくない!

私の不満や弾いている時の様子を見て
「やってみましょう!」
と弦の長さを短くして貰えた。

レッスン曲では1ポジが主には出てこなかった為か何とかこなしてきたが
発表会で弾く曲はこの辺のことが上手く弾けなかった。


僅か2センチ弱短くなっただけだけど,何と楽なことだろう
8分の7の楽器になったわけかな?
4分の3まで望んでいたけど無理だった。
響きは弦が短くなった分,少なくなったと工房ご主人がおっしゃるが私には?

駒の高さはもう低くしてもらえなかった。
あと2日後に発表会という日程での乱暴な変更。

チェロアンサンブルをやりたいという当初からの願望は相変わらず大きい。
依然教えて頂いていた先生からお誘いを頂き23,24日と合宿に行きました。
本番まで2回の練習には参加できず・・

白樺の林の中で少々涼し過ぎる風を感じながらの贅沢な環境でのアンサンブル。
1000チェロの時に弾き続けたことを思えば、
自分の音程の危うさも置いておいて,もっともっとアンサンブルの時間を沢山欲しいと思った。 
疲れるほど弾きたい!

が、何としても遠出をしないでもチェロのお仲間が増えるのは何とも嬉しい限り。
チェロのことも他のことも沢山おしゃべりし、
先生のチェロも久々に沢山聴くことができ満足~!
先生,チェロのお仲間の皆さんありがとうございました。

今後のチェロの楽しみがグ~ンと大きく広がることでしょう

難しい楽譜ではないのに音程が不安定なのを思い知らされて
チビちゃんチェロを取り出しました。
大きいので練習しているとチビちゃんになっても直ぐに弾けました。
長い間弾いていたし・・・
音程はもちろん手が乗るんだからこちらの方がピシッ!に近い!
ただし響きは物足りない・・・特に低音は!

近々,ピアノ発表会でチェロ弾きますが
チビでは弾いたことがありますが・・・・フルサイズで弾けたら~~!
という思いが残りました。
あああああ~~~迷っている間は無いのに!

チェロは私の大きな楽しみですが悩みも果てしない。


2週間前、お友達から借用のフルサイズチェロを工房に持ち込み調整をした。
超低空飛行の駒の高さを工房ご主人「せめてこれくらいで弾いてください」
と少し高くなり(最高級の駒だとか)、他はよく解らないけど・・色々と。


調整後,僅かに高くなっただけだけど
左手への負担大,右も大変!
上半身全体に大きな負担になっていると自覚して低くして貰おうと決めていた。

レッスンは先回よりも弾けなくなったので行きたくないけど
先生の駒の高さを調整した結果の評価をお聞きしたかった。

音が柔らかくなったとのこと。
だけど張りの柔らかい弓だと弾きにくくなったこともお話したら
先生も弾いてみてくださって強い方で固い音を出さないように気をつけて弾いてみることになった。
弓の張り方をもう少し強く張るように。狭いところで1cm。
このところ私は強く張ると音が固くなるようで狭くしていました。

先生のチェロを弾かせていただいた。
「な~~るほど!」 こもった音というのがはっきり解った。
以前よりは良くなったと分かるけど後は楽器の特性。

「エクレスのソナタ ト短調 」
1楽章 Largo
曲の注意
●ビブラートの速さをコントロールすること。(曲に合わせたビブラートをつける)
● 曲の山場の音の高いところの表現は音圧が欲しい。
 もっとしっかり押さえる!!!
 私が押さえていて先生がチェック。 まだまだ弱いとのこと。
 もっとしっかり押さえて弓圧を減らす。
 左手おかしくなりました・・・
●跳躍して高い音になる箇所,慌てて弾いている。
 もっとゆっくりで良いタイミングなのに!
●腕の長さが足りないんだから弓先10センチは無理して弾こうとしない!
 弾こうとして弓の奇跡を曲げてしまってはダメ!

2楽章    Allegro 
 今日は特に弾きたくなかった2楽章。
●フルサイズでやっと押さえているのだけど16分音符
 要するにタカタカ弾けない!!!
 遅れる,リズムが乱れる,音の強さに乱れが有る!!!

 ああ~やっぱり手の大きさが無理なんだと思う。
 1ポジを1、4を同時に乗せるのが無理してやっと乗せているんだから
 速くなんて動かない! 
 教わった指の訓練も少しずつはやろうと思うけど・・むなしい。
 やはり無理せずに指が乗るチビちゃんチェロに戻るべきか?
 チビなら音程も速さも追求できる。
 けど,弾いていて響きが不足なのでフルサイズを弾き始めた今はもう。。
 悩む悩む悩む悩む悩む


今回は曲はここまで。
私も速い楽章は弾かされると困ると思っていた。

とにかくレッスンに行く前から予約を入れておいた工房へ直行!
駒の高さを低くしてもらう。
弦の溝も狭く。
「よっし~~~! ずいぶん楽だこと!」
工房ご主人も「削ったら戻らない!」 と一気には低くしてくれない!
ひとまず・・
これで何とかチェロ合宿で弾くのは出来るかな?
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/06 sheeriVuh]
[05/30 こも]
[05/30 chacha]
[05/20 こも]
[05/20 yu-koi]
[05/15 こも]
[05/15 SIN]
[05/13 backlink service]
[04/20 こも]
[04/19 yu-koi]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
こも
性別:
女性
趣味:
チェロと戯れる  自然を撮る
自己紹介:
2006年5月からチェロを始める。手が小さいため現在は4分の3サイズ。
それでも 届かない~~! で四苦八苦!


そもそも、チェロを始めたのはアンサンブルをしたいから~~♪ヽ(*^^*)ノ    
持ち運びの出来る楽器で気軽にアンサンブルを楽しみたい!
チェロで弾きたい曲が有った訳じゃない! 今も無い!
どうやら一般的な動機とはと違っていたみたい!
元々チェロの音色は大好き~~~~!

長いアンサンブル憧れ状態でいたのに、突然行動に移った直接のきっかけはチェロを弾く青年医師のブログ。
路上で弦アンサンブルに行き会って、誘われるままアンサンブルに加わって楽しんだという何とも羨ましいお話。
「ヨシッ! 私もやりたい!」と決意して翌朝にレッスン見学を申し込み、当日見学でき、「来週から私にも教えてください!」

最初はフルサイズ。
色々悩んで3ヵ月後に4分の3にして現在に至る。
まさに悪戦苦闘!

でも
とにかくチェロって楽しいわ~~~♪
こんなに難しい楽器! なのに何て楽しいのでしょう!
今はアンサンブルも定期的に楽しめて最高に楽しく幸せです。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
/Material By= /Template by ぴのん