忍者ブログ
《おばちゃんもチェロに挑戦》に引き続きチェロと共に生きる
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何と何と行きたいチェロ先輩の定期演奏会と重なってしまった。
将来のアンサンブルのチャンスを増やす為に涙を呑んで
体験レッスンの方へGO~!

バイオリン10人は凄い!
しかしチェロは私1人だけ!
勿論ビオラは居りませぬ。

●ニ長調のカデンツ4小節。
●2分音符が殆んどの「コラール」
難しくない曲を丁寧に味わいながら弾くのは大好きだから良いのだけれど
チェロは1人だけ!
緊張します!!!!
平気を装っても音でバレバレです。
安心なのは開放弦だけ!
その開放弦も途中でチューニングしたいけど誰もしない!

●「アメージンググレース」
バイオリンの生徒さんには事前に楽譜が渡っていたようですが
私は参加がはっきり伝わっていなかったようで楽譜無し。
コードを書き込んでもらって根音弾いていましたが・・・
弾きながら
本当は開放弦でなくってビブラート掛けたほうが良いんだよな~
本当は弦を変えないで弾いた方が良いのだろうな~
等と迷いながら。

バイオリン10人居てもチェロの音量って凄く大きいのですね~!
低音がしっかり支えるって大切なんだと思うから
ピアノが必要な時以外は普通に出しましたが
目立つこと目立つこと!

低音が入って気持ち良いですね! 
と先生は私を立ててくださるが一人は厳しいですこと!


今後もクラシックでなくポプラー系を弾いていくようです。
レッスンの初めに
音階とアルページオを10分ほど弾くって!! 
恐い~~!

でも
今後アンサンブルを楽しみたいと思うなら
バイオリンが10人も居るこの場を避けていては広がらないんだ!
と自分に言い聞かせている所です。

中に昔の仕事仲間が居ました。
超音感の良い人!
バイオリンをやっていると聞いていたけどこの教室だったのか!
呆れられるだろうけど一緒に弾くことも出来そうだわ!

心臓に良くない1時間でした。
とても楽しかったのも本当です。 今日のところは!
1時間では短いので1時間半になりそうな気配です。
PR

家での練習はどうしても遠慮しながらになってしまう。
誰も聴いてなんかいないと思いつつ・・・・気になる・・・
思いっきり弾きたくてイザ~!  

おお~~~!
上手くなったような気分! 
錯覚でも私には必要だわ、この楽しみ! 
田舎だし平日の昼間は空いていてどんな大きいお部屋もどうぞ~~~!
だけど、小さいお部屋を頼んだので音が溢れる!

デジカメ忘れて録画できず。
しからば録音を。

4楽章有ると色々な曲想が要求されているけど、あらら・・・
●もっと弓のスピードに気を配らないといけないのだ、きっと。
 無造作に速く動いてしまっている箇所多数。
●もっともっとメトロノームを使用して練習しないとテンポ揺れてます。
●長く伸ばす音符の後、速く突っ込んでる箇所数箇所。
 注意しているツモリだったのに・・
●弓を速く、歯切れ良く弾かなきゃないのに移動が入ると音がモサモサ。
 速く、しかも美しい音って難しい。雑音にならないように。
●ビブラートかけ易い所だけではイカン!
 かけるべき所にはかかるように!
●フレーズの納め方、丁寧に! なんと雑なことよ!
●もっと色々の音量を出せるように!
 チビちゃんとして最高の音量はあの位だろうから、あれを富士山と  して
  赤城の高さ、古墳のような丘の高さ、林の高さ、草原の低さで
 音量を コントロール出来るようにしたい。
 駒寄りと何時も意識するけど、時には指板寄りをも意識した方がいいかも。
 時に言われていたわ・・
●隣の弦をいっぱい擦っている!  こんなに~!

課題いっぱい出てきたわ!
録画見たら更に!!!

録音に私のブレスの音が入っているのには参った。
どんな音も見逃さないのか? 鼻息が荒いのか?

こんな時とばかりに家では練習し難いことを。
高い音を可能な限り駒寄りでフォルテ! ビブラートいっぱいかけて! 
気持ち良い~!
やっぱり、カラオケやさんでの練習は楽しいわ!

5時間半、アイス4杯、飲み物、5杯、720円は安いわ!
今度はもっと早く行こうっと!

チェロの練習で私は
譜面台にチューナーを乗せておいて練習の時に
自分の出した音で 「あれ~?」 と思った時に微妙にずらして確認。
長く伸ばす音を確認。
余裕有ると、正しいかどうか確認している。

今回の1000チェロで 譜面台に乗せている人は近くに見当たらず
第一譜めくりの時に邪魔~!

まして 大勢で調弦の時
Aの音を聴いて他の弦を合わせるのが基本らしいと知る。
いや、らしいと知っていたが強要されなかったのでチューナーを目の前に置いて
フラジオで他の弦を合わせようと一応試みてはいたが・・
結局はチューナー頼り。

今回はあちこち音が聴こえる中での調弦に苦労したので 
楽器に挟むチューナーを購入。
メトロノーム機能付きにしたが 多分これは使うことは無いだろう!
何処に挟むのが正しいの?
あちこち挟んでみた。
見やすい!
邪魔でない!

結果、駒に挟んだ。
これって変なのかな~?
本物の大きなチューナーとも一致するから調弦は正しく出来ているのは間違いないけど。
レッスンの前に東京で練習が有るわ!
近くの席の方が ビックリされるのかしら?

楽譜の追いかけっこは出来てきたけど。
速いのは相変わらず メチャクチャ~!

地元から一人ぼっちでないのが 何よりも心強い!

新年の挨拶から。
心持音色がしっとりするような気がするとHUMITRONの感想とお礼も。
 

ヴィヴァルディーのソナタ 5番
 1楽章
今まで何回も注意されていたことを・・・
●フォルテ、ピアノは単に音量でなくハッキリした音、柔らかい音と音色の変化を。
●8分音符には一応
ヴィヴラート付いているが
 フレーズの中で大切な音の場合は16分音符もヴィヴラートかける。
●4分音符と16分音符がタイで繫がっているフレーズ 
 最初の16分音符をしっかり意識して決して速く飛び込まないように。
●クレッシャンドは弓の量だけでなく駒より意識。
 短いフレーズの中でも弾きながら駒寄りに移動していく。 
 な~るほどクレッシェンド掛かるわ!
●フェルマータのヴィヴラート
 揺れ幅を小さくしていきながら弓を離してもかけ続ける。
 左手は音を出す前~弓を離しても余韻が残っている間かける。

この段階で「どこまで見て有りますか」と問われたので
「一応終わりまで見て見ました。教えていただきたい箇所があります」
先生予定外だったご様子。
今回までに終わりまで見ておくようにというのではなかったようだ!
かくしてアタフタと4楽章まで見て頂くことに。

 2楽章
どうしても指がきつく、あちこち自分流に弾いていったけど
書いてある指で練習してみてから自分の手に合った指使いに変えて弾くこと可。
●違う指に変えても良いが練習としては重音奏もしてみるように。
 親指を離す、親指の位置を少しずらすと少しは押さえやすいはずとのこと。



 3楽章
リズムが崩れてしまう箇所指摘された。
何個所か自分流に指を変えざるを得なかったけど、それでOK。

 4楽章
指使いを弾きやすいように直していただく。
弓のアップダウンを少し変えた。
●速い曲の時は勢いのある音が要求される。
 発音を良くなるように弓の量を多く使う。


指使いは書いてある通りでなくても音楽として要求されている表現をし易いように
自分に合った指に変えてみることはかまわないとのこと。
先生のお手本があんなに美しいのはとんでもなく細かく神経を配って演奏されているからなのだ得心したレッスンでした。
少しでも近付きたいと思った今年のレッスン1回目。
次回は3週間後。
弦をエヴァに戻してから始まったお悩み
私って、これ程に左手押さえるのに苦労していたっけな~?
一度ヘリコアに戻して楽に押さえられる感覚を味わったから拙かったのかも・・


本日、気付いた!
肘を前に出そうとしていたのだった~!
勿論、そうしたのは大きな理由が有ったはず・・・思い出せるか?
ブログ書いていて良かった!
音が浮いてしっかり押さえられない部分が有ったのでやったのだ!
今、またもや!
しっかり押さえられないとボヤク私がいる!


A弦に関しては今まで通りに肘をダラ~ンと落として腕の重さをズッシリとかける!
指圧アップ~♪ 
なんとまあ! 回り道~~♪
回り道も、道草も楽しい~。 チェロ好き!


耳を澄まして、五感を働かせて工夫しているツモリのボーイング。
ダウンは少し良いような気がしないでもないが、アップが。。。
D線 アップが特に下手みたい!



モイスレガート 届いた~!
これを入れておいてストレス感じないでチェロ楽しめるなら良いぞ~!
とご満悦で入っていた解説書をよく読んだら
ヴァイオリン、ヴィオラ、クラリネット、オーボエ用だったみたい。
もう1サイズ大きいのを買うのでした!



カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/06 sheeriVuh]
[05/30 こも]
[05/30 chacha]
[05/20 こも]
[05/20 yu-koi]
[05/15 こも]
[05/15 SIN]
[05/13 backlink service]
[04/20 こも]
[04/19 yu-koi]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
こも
性別:
女性
趣味:
チェロと戯れる  自然を撮る
自己紹介:
2006年5月からチェロを始める。手が小さいため現在は4分の3サイズ。
それでも 届かない~~! で四苦八苦!


そもそも、チェロを始めたのはアンサンブルをしたいから~~♪ヽ(*^^*)ノ    
持ち運びの出来る楽器で気軽にアンサンブルを楽しみたい!
チェロで弾きたい曲が有った訳じゃない! 今も無い!
どうやら一般的な動機とはと違っていたみたい!
元々チェロの音色は大好き~~~~!

長いアンサンブル憧れ状態でいたのに、突然行動に移った直接のきっかけはチェロを弾く青年医師のブログ。
路上で弦アンサンブルに行き会って、誘われるままアンサンブルに加わって楽しんだという何とも羨ましいお話。
「ヨシッ! 私もやりたい!」と決意して翌朝にレッスン見学を申し込み、当日見学でき、「来週から私にも教えてください!」

最初はフルサイズ。
色々悩んで3ヵ月後に4分の3にして現在に至る。
まさに悪戦苦闘!

でも
とにかくチェロって楽しいわ~~~♪
こんなに難しい楽器! なのに何て楽しいのでしょう!
今はアンサンブルも定期的に楽しめて最高に楽しく幸せです。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
/Material By= /Template by ぴのん