忍者ブログ
《おばちゃんもチェロに挑戦》に引き続きチェロと共に生きる
[159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [150]  [149]  [148
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

予定の日から急遽1日早くレッスンに。
少し予定が狂ったのですが3週間も有ったのだから良い訳で来ませんね。

まずは長らく弓を貸して頂いたお礼を。
弓の印象を問われて
音色が柔らかい、持ちやすい、アンサンブルの時に音が溶け込むかも? とお話した。
固い音だという感想をいう人もいるらしい。

先生にはお話しなかったけど、音色は私の弓の方が好きだな~。
音に芯がある、輝かしい音、上手に弾けるならばキット表現に幅が有るのだろうな~。
レースのカーテン越しの景色とカーテンを開けたときの鮮明な景色の見え方の違いが有るような気がした。
弓を持ち換える度に持ち方を確認したり、気をつけるツモリでいることを確認せざるを得なかった。
これって私にはとても良い経験になった。 何と良い加減に持っていたか!
色々試すので気分転換になったり実に新鮮に練習できた。
この弓、注文出しました。
弓にトラブル有った時に弾く弓が無いのはキット寂しいだろうと思うし。

友達とアンサンブルしている曲をまず見て頂いた。
ピアノ、ビオリラ、チェロ
当然他は安定しているのに私だけが音程狂います。
下のパートを長い音符で鳴らしていればよいという話だったのに・・・
低いメロディーもたまには欲しい! という訳で少しはメロディーも担当せねば。
弾きにくい箇所が有ったので おそるおそる。

「川の流れのように」「夏は来ぬ」
他のポジションを使う、指使い、弓使い、音の鳴らし方、クレッシェンドのかけ方、弓の場所
メロディーになったときの弾き方、他のパートになったときの弦の選び方、
●ポジション移動のやり方(
いかにも移動でなく出来るだけ指伸ばして取る
●ファ~シのポジション移動、もっと楽に移動  
 トロイメライと同じと思って移動したけど移弦の方が無難かも・・・
●開放弦を使わないなら ミララレシソラ  432の指変えも
● 4拍裏の8分音符
 元まで戻そうとせずにちいさく返して段々弾きやすい場所へと持っていく
●ビオリラの楽譜のスラーを弓と考えずに、もっと長いスラーも可
●ソーシララソ~
 決して弓が逃げないように、一番鳴る場所でむしろ駒寄りに行くつもりで重さをかける。
 同じ場所で弾くと柔らか過ぎるから
  駒寄りで一度しっかり圧をかけて弾くそれから少し圧を取る
 固くなくて一番しっかり鳴る場所探す

 

普段のレッスンでも言われていることの他にも 得ることが山盛り~!
こういう曲をレッスンで見ていただくの良いかも~~!
簡単、短く! 
次回は他の曲も見ていただきたいわ!

色々のスラーが有るかも知れないけど常に歌として本来の姿になるように! 歌ってみる!


プレヴァールのソナタⅢ

第1楽章

テンポ落として余裕を持たせて表現できるよう練習はしているけど今回は無し


第2楽章
今回は2楽章の疑問点解決が第一目標
印刷ミスが有った。 他に弓アップダウンを直された。
●ポジション移動、裏拍では取らないほうが良い。
●メロディーで高い音の2小節のばし。
 弓を返さなくても出来ること。 
 
決して弓が逃げないように、一番鳴る場所でむしろ駒寄りに行くつもりで重さをかける
●フレーズの切れ目 
 大きな切れ目でなく、
軽い切れ目の表現の仕方、呼吸
 先生のお手本と呼吸に注目して!
 何とちょっとしたことでわずか1小節が痺れるように美しく変身する。 
 「素敵~~~♪」 と言う声を飲み込む!
 何回も聴かせていただき真似るけど・・勿論出来ません!
 いつかはあのような表現を出来るようになりたい!
 決して難しいテクニックを要する曲でなくても素敵な表現を! ←ねらいはココ

第2楽章後半 
練習はしていたが見ていただく段階までは行っていなかったけど弾くはめになった。
当然のことながらテンポで弾けるように!

コツコツ避けていたフラットの音階練習を自分に課していたけどまだまだ・・・
♭4つまで練習していたけど、どうしても考えながら弾いている状態。
「うん!解る解る」 なんてのではダメ!!!!
フラットは避けていたけど、短時間の練習をするようにすれば♭系も少しは楽になってきた。
不思議なことに、そのことによって他の曲でも時々出てくる拡張が少し楽?


今回は先生とのアンサンブル出来なかったけど 先生のお手本の演奏で痺れます。
フレーズの切れ目の表現、呼吸との関連のお手本。 
繊細な表現! 
喜びだわ~~!
チェロ弾いてる先生って何て素敵なんでしょう!
ああ! 次のレッスンが待ち遠しい!



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
毎度毎度 目からウロコ
是非ともアンサンブルの楽譜も見て頂きましょう~~♪
更に良い指使い、更に鳴らす方法、フレーズの表現、な~~るほど、な~~るほとと驚き感心するばかりでした。
色々の曲を持っていくと日頃のレッスンとは違うことを教えていただけて病みつきになりそうです。
是非持っていって~~!
こも 2009/06/09(Tue)21:59:59 編集
別物!
そうですよね~。先生が弾くと別物、とっても分かります。
私もアンサンブル解禁になったから
弾いている楽譜持って行ってみようかなぁ♪
chacha 2009/06/09(Tue)11:50:29 編集
そうそう~~!
そうなのです! 
先生の演奏を聴くだけでもレッスンに行くのが楽しみです。 
本の1フレーズがまるで別物になってしまうんですもの!
帰り道は幸せをかみしめて興奮状態です。 運転気をつけなくっちゃ!
ひみゆさんは月3回この喜びを味わっているのね!
私も、もっともっと丁寧な練習をしなければ・・ 
こも 2009/06/06(Sat)08:52:36 編集
しびれますよね~
先生が弾かれると、同じ曲とは思えない。。みたいになりますよね。
それを聞かせていただくだけでもレッスンに来た甲斐があるなぁなんて。
充実した時間はほんとにありがたいですね
ひみゆ 2009/06/06(Sat)07:09:45 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/06 sheeriVuh]
[05/30 こも]
[05/30 chacha]
[05/20 こも]
[05/20 yu-koi]
[05/15 こも]
[05/15 SIN]
[05/13 backlink service]
[04/20 こも]
[04/19 yu-koi]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
こも
性別:
女性
趣味:
チェロと戯れる  自然を撮る
自己紹介:
2006年5月からチェロを始める。手が小さいため現在は4分の3サイズ。
それでも 届かない~~! で四苦八苦!


そもそも、チェロを始めたのはアンサンブルをしたいから~~♪ヽ(*^^*)ノ    
持ち運びの出来る楽器で気軽にアンサンブルを楽しみたい!
チェロで弾きたい曲が有った訳じゃない! 今も無い!
どうやら一般的な動機とはと違っていたみたい!
元々チェロの音色は大好き~~~~!

長いアンサンブル憧れ状態でいたのに、突然行動に移った直接のきっかけはチェロを弾く青年医師のブログ。
路上で弦アンサンブルに行き会って、誘われるままアンサンブルに加わって楽しんだという何とも羨ましいお話。
「ヨシッ! 私もやりたい!」と決意して翌朝にレッスン見学を申し込み、当日見学でき、「来週から私にも教えてください!」

最初はフルサイズ。
色々悩んで3ヵ月後に4分の3にして現在に至る。
まさに悪戦苦闘!

でも
とにかくチェロって楽しいわ~~~♪
こんなに難しい楽器! なのに何て楽しいのでしょう!
今はアンサンブルも定期的に楽しめて最高に楽しく幸せです。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
/Material By= /Template by ぴのん